遺伝子治療の仕事をするために認定遺伝カウンセラーになる

究極の治療法として注目されている遺伝子治療の今を知ろう!

What is this site?私は遺伝子治療に関心を持ち、いろいろと独学中の看護師です。現在難病と言われている病気はなんらかの形で遺伝子の異常や特性が関係していることがわかってきています。その遺伝子の問題ある部分に直接働きかけることによって病気を治すのが、遺伝子治療です。そのしくみと実際の治療法について私が知る範囲でご紹介していきたいと思います。今後も勉強しながら、新しい情報を追加していこうと思っています。 本サイトへのお問い合わせは、genefuture55525@excite.co.jpまでお願いいたします。

悩みを取り除く遺伝子カウンセラー

悩みを取り除く遺伝子カウンセラー 人間の持つ全ての遺伝子情報「ヒトゲノム」の解析技術が進歩しているのに合わせて、遺伝子情報を組み込む医学の発展が進んできました。そのため、日本国内でも、大学病院などに「遺伝カウンセリング外来」や「遺伝診療外来」などが相次いで開設されています。

認定遺伝カウンセラーという資格

いままでは、医療機関を訪れる患者の相談対応は、医師が行っていました。しかし、遺伝に関する医療が急速に発展したことで、その範囲も拡大し、医師だけでカウンセリングを行うには、人手が足りない状況となってしまったのです。その上、カウンセリングには高度に倫理的な内容と心理的・社会的支援の知識が求められることから、「日本遺伝カウンセリング学会」および「日本人類遺伝学界」が共同で認定する資格として、2005年より「認定遺伝カウンセラー」の制度がスタートしました。

認定遺伝カウンセラーの仕事内容

遺伝性腫瘍や筋ジストロフィー、血友病などの遺伝性疾患の診断や治療は、全国に600名ほどいる臨床遺伝専門医が行い、「遺伝カウンセラー」は医師とは倫理的に独立した立場で、相談者からの遺伝についての悩みや不安についての相談を受けることになります。さまざまな疾患についての疑問や心配に対して、問題解決に必要な病歴や家族歴などの情報収集を行ったり、遺伝子検査に関する情報提供を行なったりすることにより、相談者が自分で問題を理解し、判断して意思決定を行えるように心理的・社会的に支援を行います。
大学病院などの「遺伝カウンセリング外来」では、遺伝性疾患に加えて、小児の先天性異常、出生前診断、習慣性流産、高齢出産などの産科領域における相談や対応もカウンセラーの仕事となります。また、遺伝医学の進歩により、多くの病気の原因遺伝子が発見された結果、高血圧や糖尿病などの生活習慣病にも遺伝子が深く関係していることが分かってきています。そのため、最近ではこうした生活習慣病の体質遺伝などの不安も相談対象となってきています。

認定遺伝カウンセラーの就職先

「認遺伝カウンセラー」の仕事先としては、大学病院での「遺伝カウンセリング外来」のほか、遺伝医療の現場におけるチーム医療や研究機関での「ヒトゲノム・遺伝子解析」の研究、遺伝子検査会社でのコーディネートなどが期待されています。他に、ゲノムの研究を応用した個々の患者に合わせた医療「オーダーメイド医療」の研究や開発が急ピッチで進められているため、この分野での的確な情報提供も「遺伝カウンセラー」の重要な仕事となると考えられています。「遺伝カウンセラー養成専門過程」を開設している大学院は、お茶の水女子大学、川崎医療福祉大学、北里大学、京都大学、近畿大学、信州大学、千葉大学、東京女子医科大学、長崎大学があります。

遺伝子治療の未来を知る